若いころは白くなめらかなお肌だった人でも、年をとるとシミが濃くなってきます。過去に浴びてしまった紫外線の影響によるもので、肌の内部でメラニンが作られて、顔に定着してしまうとシミになってしまいます。今後、紫外線によってつくられるシミが増加しないように、紫外線から肌を守る習慣をつけておきましょう。太陽光がそれほど強くないシーズンでも、紫外線の影響はなくなってはいませんので、日焼けしそうにない季節でも、紫外線対策は欠かせません。年をとると肌が乾燥しやすくなり、シワやたるみが増えるのは、紫外線によってコラーゲンがダメージを受けるためでもあります。夏以外の季節でも、戸外で活動をする時には紫外線予防に気を配りましょう。紫外線を遮断する成分を配合した日焼け止めクリームや、化粧品などが役立ちます。肌をシミから守るためには、紫外線が届かないようにしておくことです。また、顔のシミを予防するのに役立ってくれるのが美白化粧品です。実際問題として、肌に全く紫外線を受けずに生活をすることはできません。美白化粧品は、できかけのシミへの対策になります。お肌に生成されているメラニン色素を放っておくとシミになりますので、美白化粧品になるケアをしておきましょう。美白効果が得られる成分が配合されている基礎化粧品を使うことで、紫外線によって肌に生成されかけているメラニン色素の増加を抑え、肌の白さを守ります。紫外線だけでなく、湿度の低い日が続く時には、美白化粧品と併用して保湿効果のある化粧品なども使うといいでしょう。化粧品でおすすめのものがあります。シズカニューヨークを使った感想です。